雑穀米の生活|菜食主義 « 菜食主義者の7つのメリット x

雑穀米の生活|菜食主義

投稿日:2007.12.08


雑穀米お久しぶりです、菜食主義のベジタリアン西野です。
最近忙しくて、ブログの投稿頻度が落ちていますが…菜食主義に対する情熱は衰えていませんよ~^^

今日は雑穀米について考えてみたいと思います。

上の写真は我が家(僕一人。笑)のご飯です。
今回のは、白米ベース(5割)に大麦が2.5割、ほかに岩手さんのもちあわや10穀米がたっぷり入っていてかなり美味しいです!^^

なぜ、雑穀米がいいかというと、


エネルギーの燃焼率とミネラルの豊富さなんですよ。

例えば、白米だけなんかは最悪ですよね。



基本的に栄養のある籾殻を全部とってしまった白米は江戸時代の贅沢さにはもってこいだったんでしょうけど、栄養の面ではほんと全然お勧めできません。

なぜかというと、ミネラル、食物繊維がもっとも豊富な部分を捨て去り、さっとエネルギーに燃焼できる部分しか残っていないので、食後の満足感は高いでしょうけど、次の食事までにお腹が減り、結局は間食や気分の低下など、あまり良い面は期待できないんですよね。

それに対して雑穀米はゆっくりエネルギーに変わるので気分の低下も少ないですし、ミネラル面でも魚と比べたらはるかに良質で豊富なエネルギーがあります。

理想的なのは玄米+雑穀なんですけど、僕はお腹が強くないので、玄米は全体の5%だけしか今は使っていません。

今後は玄米ベースに戻して行こうと思っていますけど^^

と、今日はそんな雑穀米についてお話しました。
それではまた!