ベジライフを豊かにする7つの食材 « 菜食主義者の7つのメリット x

ベジライフを豊かにする7つの食材

投稿日:2012.01.25


こんにちは。
ベジタリアンブログのベジタリアン西野です☆

最近は安くて便利なネット通販でベジ食材を購入する事が多いんですが、何度も利用すると気に入った食材がわかってきてそれを集中して買うことが多くなります。

ということでこれからベジを始めようとしている人や、既に始めているけどレパートリーが少なくて困っている人などに「こんな物があるんだ~」と思ってもらえるような僕がよく購入する7つの食材を紹介したいと思います(^・^)

7つの食材
※イメージ画像です。野菜は紹介していませんのでご安心を(笑)

まずはブログの応援よろしくお願いします^^ ⇒にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

①【三育 大豆のハム】

この大豆ハム、本当にハムそのものの味でいつも大満足です。結構大豆のもどき製品ってそこそこかな、っていうものがほとんどなんですがこ三育のハムは良く出来ていると思います。

スライスしてそのままフライパンで焼いてもいいですし、ハムエッグやサンドイッチ、ハンバーガーにも使えます。去年から月に一本は食べていると思います(笑)

②【大豆の乾燥ミート】

大豆の乾燥ミートは色んなメーカーの物を試しましたが、個人的に一番気に入っているのは「かるなぁの大豆まるごとミート フィレタイプ」です。

かるなぁのフィレタイプは湯戻しすると繊維が粗いというか細かな部分がぽろぽろ取れてしまうんですが、それでも食感はまさにばら肉と言った感じでホイコーローや生姜焼きなど大活躍しています。玄米ご飯にも結構合うかなって感じです。

③【おからこんにゃく】

このブログでもベジバーグのレシピとして何度も登場したおからこんにゃく。そのままだと若干こんにゃく臭さはありますが薄切りにしてかりっと焼くと歯ごたえの良い畑のお肉に。

ハンバーグや鳥そぼろ、薄くスライスして焼肉としても使えてしまう、個人的には一番欠かせない食材です。

④【テンペ】

カナダに住んでいた時に初めて出会ったテンペ。大豆を発酵させた醗酵食品として日本人にも馴染みやすい食材だと思います。

素焼きでも良いですし、いつも照り焼きで頂いています。僕は無くなったらケンコーコムで6個くらいいつもまとめ買いしています(^・^)

⑤【セイタン】

醤油漬けのセイタンです。玄米チャーハンに入れたり塩抜きしてハンバーグに混ぜたり、正直すごく美味しい!っていうわけではないですが時々使いたくなる食材です。

⑥【穀物で作った畑の肉シリーズ】

オーサワの缶詰に入ったベジミートシリーズです。ブロックタイプの他にウインナー、ひき肉、タコス風味タイプがあったと思います。

このシリーズはそこまで「お肉だ!」って感じはしないんですが湯戻ししなくても缶詰から出せばすぐにそこそこ美味しいベジミートが食べれて気に入っています。

⑦【インスタントラーメン】

最後はベジタリアンでも食べちゃうぞ!ということでベジタリアン使用のインスタントラーメンです。

かん水フリーの麺だったりお肉のエキスが入ってないものがあったりと、体には良くないでしょうけど元々ジャンク大好きだった僕には何週類か常備しています(笑)

とこんな感じで自分なりに今まで試してみた中でおすすめのベジ食材を簡単に紹介しました。

最近はNatural Houseみたいな自然食品店ではなくて楽天のケンコーコムばっかり利用しているので自然とケンコーコムにある食材に偏ってしまいましたが、それ以外でも目に付いた食材は一通り試しているかと思います。

これ以外にもこんな食材がおすすめ!というものがあればぜひコメントから教えてください♪

2012年はもっともっと美味しいベジ食材の誕生を期待しています(^o^)/ (メーカーさん頑張ってくださ~い)